今年で2回目となった田園調布雙葉学園高校3年生向けのEGAKUプログラム。

「26歳の自分」をプレゼンするという卒業制作のプロセスの中にEGAKUプログラムを入れることによって、
生徒たちがより深く自分と向き合えるのではないかという先生のアイディアから生まれた企画です。

今回も授業の時間ということで3時間のプロセスを前半と後半に分け、前半は学校にお邪魔し、後半は92art Studioで実施。

自分との対話、他者との対話を通して「26歳の自分の心」を考える場となりました。 そしてそこから生まれた作品はどれも個性的で美しく、パワフルな未来の自分への励ましのメッセージが込められたものでした。 
 

テーマ:「26歳の自分の心」
プログラム内容:EGAKUプログラム
参加人数:10名
参加対象:高校3年生、教員
場所:田園調布雙葉学園 & 92art Studio
主催:田園調布雙葉高等学校
講師:谷澤邦彦
ファシリテーター:長谷部貴美
スタッフ:阪本淳子、中村綾子